個人情報

開示請求について

1 請求できる方

本人に限って請求することができます。
ただし、未成年者又は成年被後見人の場合は、法定代理人が本人に代わって請求することができます。

  • 請求する場合は、大阪府警本部1階情報公開コーナーへ来て、個人情報開示請求書を提出していただきます。 郵送、FAX、インターネット等による受付は行っていません。また、代理による請求は行っていません。
  • 請求の際、本人であることを証明する運転免許証、旅券等の資料を提示していただきます。
  • 請求から文書を受け取るまでについては、下の表をご覧ください。

「個人情報請求から文書を受け取るまで」 (PDFHTML

なお、請求しても、次の例に挙げるものなどは、その全部又は一部の情報については開示されないことがあります。

  • 第三者のプライバシーに係わるもの
  • 開示することで、事務を公正かつ適正に行うことにつき著しい支障を及ぼすおそれのあるもの
  • 開示することで、公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれのあるもの