地域住民の期待と信頼に応える地域警察活動の推進

平成28年重点目標推進結果報告書
地域住民の期待と信頼に応える地域警察活動の推進
推進結果
1 地域住民等と一体となった地域安全活動の推進
○ 通勤、通学等、通行量の多い時間帯及び事件・事故の多発する時間帯を中心とした警戒活動を徹底するとともに、児童、女性等に対する積極的な声掛けによる防犯指導を行い、制服姿を見せる活動を推進しました。
○ 巡回連絡、地域の実情に詳しい自治会役員等のコミュニティ・リーダー宅、地域住民の生活に密着した事業所等への訪問活動、地域安全センターへの立ち寄りを強化するとともに、地域の実態及び地域住民が不安に感じている犯罪、要望等を把握し、これらを反映した地域警察活動を推進しました。
2 適正捜査に配意した犯罪検挙活動の推進
○ 犯罪の多発する時間帯に重点的なパトロールを行い、地域の犯罪実態に即した検挙活動を強化するとともに、不審者に対する積極的な職務質問及び所持品検査を行い、事件・事故の未然防止及び犯罪の検挙に努めました。
○ 事件・事故発生時には、早期に現場へ臨場し、被害者の救護に当たるとともに、鑑識活動、防犯カメラ画像の収集、聞き込み等、被疑者の早期検挙に向けた初動警察活動を徹底しました。
3 強じんな執行力の確保
○ 若手警察官の実務能力を向上させるための教養等を行うとともに、「重大事案を想定した初動対応訓練」、「通信指令競技大会」等を行い、現場執行力の強化に努めました。
○ 幹部による具体的な指揮による活動を徹底するとともに、装備資器材を積極的に活用し、受傷事故防止に努めました。
事例
◆ 大量覚醒剤所持事件被疑者の検挙
パトカー勤務員は、挙動不審な男を発見、直ちに職務質問及び所持品検査を実施し、使用していた車両内を確認した結果、大量の覚醒剤を発見したので覚せい剤取締法違反事件の被疑者として検挙しました。
◆ 住居侵入・強姦(かん)未遂事件被疑者の検挙
交番勤務員は、女性宅に男が押し入り、暴行したとの通報に伴い発令された緊急配備に従事中、手配に酷似した男を発見、職務質問を実施し、鋭意追及した結果、犯行を認めたので住居侵入・強姦(かん)未遂事件の被疑者として検挙しました。
参考指標
○ 平成28年 地域警察官による検挙状況(数値は暫定値)
・ 検挙件数
刑法犯 23,801件
特別法犯 6,119件
・ 地域警察官による検挙件数 
刑法犯 11,468件(対前年比 -908件、増減率 -7.3%、全検挙数中の構成率 48.2%)
特別法犯 2,805件(対前年比 +2件、増減率 +0.1%、全検挙数中の構成率 45.8%)
・ 検挙人員
刑法犯 17,484件
特別法犯 5,659件
・ 地域警察官による検挙人員
刑法犯 11,573件(対前年比 -1,142件、増減率 -9.0%、全検挙人員に占める構成率 66.2%)
特別法犯 2,786件(対前年比 +18件、増減率 +0.7、全検挙人員に占める構成率 49.2%)