平成24年度警察署建替整備に関する建設事業評価の概要について

警察施設建替整備に関する建設事業評価の概要について
 
1 日時及び出席者
(1) 第1回評価
  ・平成24年6月21日(木曜日) 午後1時30分から同3時20分までの間
    出席者(順序不同)
    病院院長
    会社経営者
  ・平成24年6月26日(火曜日) 午前9時25分から同10時50分までの間
    出席者
    大学教授
(2) 第2回評価
   平成24年7月19日(木曜日) 午後4時15分から同5時25分までの間
    出席者(順序不同)
    病院院長 
    会社経営者
    大学教授
2 場所
  大阪府警察本部庁舎(第1回評価は福島警察署の現地視察を実施)
3 評価概要
(1) 第1回評価
   府警察本部から事業概要説明並びに福島警察署の現地視察
(2) 第2回評価
   府警察本部から評価調書に基づき事業概要説明を実施
   その後各識者から意見答申
【病院院長】  福島署の現地を見たが届出に来た人が廊下で書類作成や話をしないといけない状態である。女性用トイレも少なくて不便である。
【会社経営者】 古い警察署は正面玄関が階段になっている署が多い。老人や体の不自由な人に配慮し廊下に手すりをつけるなどバリアフリーを考えてほしい。
しかし豪華すぎる設備は府民から必要なのかと思われるので必要なものが確実に備えられている建物が望ましい。
非常用発電機を備えているとのことであるが、非常時に備えて備蓄食の保存が出来る倉庫などを確保されるのが良いと思う。
【病院院長】  現在の福島署は廊下に段ボール等が並べてある状況であったが、安全性からも改善が必要である。適正に保管できるスペースを確保するためにも建て替えすべきである。面積を増やせるのであれば上に階を増やして広くするのも良いと思う。
【会社経営者】 署長公舎は雨漏りがひどいとのことであったが公舎も建て替えるのか。
【警察本部】  建て替え予定です。
【会社経営者】 地域課の部屋は狭いように思える。勤務を終えて帰署したときに席がないのは気の毒に思える。
【大学教授】  車いす使用者用駐車場は庁舎玄関に近い場所に設けるべきである。一般駐車場から庁舎玄関までの通路に屋根を設け、雨の日の通行に配慮すべきである。
【警察本部】  設計段階において検討いたします。
【会社経営者】 来庁者用の入り口は1箇所でないといけないのか。
【警察本部】  セキュリティー上、原則1箇所としています。
【病院院長】  建物の設計は設計業者と担当者で話をされると思われるが、使われる方、仕事をされる方の意見が反映されることが望ましい。
【会社経営者】 照明などの設備は消費電力の少ない省エネルギー型機器の設置が望ましい。
以上