犯罪被害防止に関すること

Q9 子どもが身を守るためには、子どもに何を教えればよいですか?

  • 一人で遊びません
  • 知らない人について行きません
  • 連れて行かれそうになったら大きな声を出します
  • 誰とどこで遊ぶ、いつ帰るかを言ってから出かけます
  • お友だちが連れて行かれそうになったら、すぐに大人の人に知らせます

という「5つのやくそく」を繰り返し教えるとともに、公園等の遊び場や通学路を子どもと一緒に歩くなどして、犯罪に遭いやすそうな危険な場所を子どもとともに確認するとよいでしょう。
また、防犯ブザーや防犯笛などの正しい使い方を指導し、外出時には携行させるようにしましょう。
詳しくは、「子どもを犯罪から守るために」をご覧ください。