大阪府留置施設視察委員会の活動状況について

1 大阪府留置施設視察委員会の設置

平成19年6月1日に施行された「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成 17年法律第50号(以下「刑事収容施設法」という。)」により、警察留置施設の管理運営 の方法が規定され、大阪府警察本部に「大阪府留置施設視察委員会(以下「視察委員会」という。)」が設けられました。
視察委員会は、本部及び府下65警察署の留置施設を視察し、留置業務管理者に対して意見を述べる等の活動を行うことにより、留置施設の運営について透明性を確保し、施設運営の改善向上を図っています。