大阪府留置施設視察委員会の活動状況について

2 視察委員会の組織、職務等

(1)組織

視察委員会の組織については、刑事収容施設法及び大阪府条例により定められています。
委員は、「人格識見が高く、かつ、留置施設の運営の改善向上に熱意を有する者」のうち から大阪府公安委員会が任命します。
委員数は10人以内、任期1年(再任は3回まで)で府の非常勤公務員の身分となります。
大阪府公安委員会では、視察委員会設置の趣旨や目的、委員候補者の性別や職業等を総合的に勘案して、大阪府下に居住等する弁護士、医師や教育関係者等府民の代表計8人を平成29年6月1日付で視察委員に任命しました。

(2)職務

委員は、留置施設の視察や被留置者との面接、被留置者から提出された意見書の確認や留置業務管理者から提供される情報等により、留置施設の運営状況を的確に把握した上で、留置業務管理者に対して、その運営に関する意見を述べます。