ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得

8月下旬は、貨物車関連死亡事故が急増する時期

貨物車関連死亡事故は致死率約2倍以上と心得よ!

貨物自動車ドライバーの皆さん
1 交差点を右折する際は、特に対向の二輪車に注意しましょう!
2 交差点を右左折する際は、道路を横断もしくは横断しようとする歩行者・自転車をしっかりと確認しましょう!

貨物自動車と二輪車の事故のイラスト
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した貨物関連死亡事故件数の過去3年各月下旬の平均と8月下旬との比較 各月下旬平均6.9件 8月下旬15.0件 8月下旬の貨物関連死亡事故件数は、過去3年各月下旬の平均と比べて約2倍となる
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した乗用車・貨物車(特殊車除く)が第1当事者となった事故の致死率 自家用貨物車 死者数76人、死傷者数24,788人 致死率0.31パーセント 自家用乗用車 死者数184人、死傷者数95,747人 致死率0.19パーセント 事業用貨物車 死者数82人、死傷者数9,012人 致死率0.91パーセント 自家用貨物自動車が第1当事者となった事故による致死率は、自家用乗用車が第1当事者となる事故の致死率と比べて約2倍となる 事業用貨物自動車が第1当事者となった事故による致死率は、自家用乗用車が第1当事者となる事故の致死率と比べて約5倍となる

※1 左図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した貨物関連死亡事故件数の過去3年各月下旬の平均と8月下旬との比較
※2 右図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した乗用車・貨物車(特殊車除く)が1当となった事故の死者数/死傷者数
(自家用貨物車:死者76人、死傷者24,788人 自家用乗用車:死者184人、死傷者95,747人 事業用貨物車:死者82人、死傷
者9,012人)

速度の出し過ぎは危険!

速度を出すと視野が狭くなるとともに、停止距離が長くなり、危険を発見しても止まりきれない場合があります。更に、荷物の積載重量によっても停止距離が長くなり危険です!

速度に対する視野の違いのイラスト

印刷用チラシ

本ページのチラシ(PDFデータ)をご用意しました。自由にダウンロードや印刷することができるようになっていますので、印刷して交通安全教室や交通安全の啓発活動の機会にぜひ活用してください。