ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得【2ndステージ】

10月から12月(第4四半期)は、高速道路における死亡事故が最多!

高速道路における多重衝突死亡事故の発生割合は一般道路の約4倍と心得よ!

1 ドライバーは前車との車間距離を保ち、前方の安全をしっかり確認して運転しましょう!
2 速度が高くなると停止距離が長くなり、危険を発見しても止まりきれない場合があります。速度を控えましょう!

十分に車間距離をとる!
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した高速道路における四半期別(3ヶ月毎)の死亡事故件数 1月から3月1件 4月から6月6件 7月から9月5件 10月から12月13件
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した多重衝突死亡事故の道路別発生割合 一般道路10パーセント 多重衝突死亡事故50件、死亡事故491件 高速道路40パーセント 多重衝突死亡事故10件、死亡事故25件 高速道路における多重衝突死亡事故の発生割合は、一般道路における多重衝突死亡事故の発生割合と比べ約4倍となる

※1 左図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した高速道路における四半期別(3ヶ月毎)の死亡事故件数
※2 右図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した多重衝突死亡事故の道路別発生割合(多重衝突死亡事故件数/死亡事故件数)
    (一般道路:50件/491件 高速道路:10件/25件)
※3 「多重衝突」とは、1個の事故誘発行為によって時間的、場所的に接着し、かつ、連続して同乗者を除く3以上の当事者(単独事故の第2当事者(物件等)を含む。)が、相互に関連して発生した交通事故をいう。

ある日突然、大阪で発生した死亡事故の事例

物損事故により高速道路上で停車した直後の車に、後続の車が追突した多重衝突死亡事故が発生しました。
前車が急停止した場合でも追突を避けれるよう、前車との車間距離を保ち、安全運転をしましょう。

印刷用チラシ

本ページのチラシ(PDFデータ)をご用意しました。自由にダウンロードや印刷することができるようになっていますので、印刷して交通安全教室や交通安全の啓発活動の機会にぜひ活用してください。