ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得【2ndステージ】

12月は、二輪車乗車中の事故死者数が最多となる時期

二輪車乗車中の事故死者のうち約5割は負傷部位が頭部と心得よ!

ライダーの皆さん
1 ヘルメットのあごひもをしっかり締めるほか、各種プロテクターを活用し万一の事故から身を守りましょう!
2 速度を控えるとともに、周囲の安全を確認し、ハンドル・ブレーキ等を適切に操作して運転しましょう!

転倒する二輪車のイラスト
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した二輪車乗車中の事故の月別死者数 1月9人 2月10人 3月7人 4月12人 5月12人 6月12人 7月9人 8月12人 9月14人 10月11人 11月9人 12月17人
大阪府下で平成25年から平成27年に発生した二輪車乗車中の事故死者の負傷部位別割合 頭部 50パーセント、67人 胸・腹部 33パーセント、44人 全身 7パーセント、10人 顔面・頸部 7パーセント、9人 その他 3パーセント、4人

※1 左図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した二輪車乗車中の事故の月別死者数
※2 右図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した二輪車乗車中の事故死者の負傷部位別割合
    (頭部:67人、胸・腹部:44人、全身:10人、顔面・頸部:9人、その他:4人)

ある日突然大阪で発生した死亡事故事例

二輪車乗車中の事故死者の負傷部位で頭部に続いて多いのが胸・腹部となっています。万一に備えて、胸部プロテクター等を活用しましょう!

胸部プロテクターの写真

印刷用チラシ

本ページのチラシ(PDFデータ)をご用意しました。自由にダウンロードや印刷することができるようになっていますので、印刷して交通安全教室や交通安全の啓発活動の機会にぜひ活用してください。