自転車利用者対策について(平成20年6月1日施行 道路交通法)

改正の概要

1 普通自転車の歩道通行可能要件の明確化
2 乗車用ヘルメット着用努力義務の導入
3 地域交通安全活動推進委員の活動内容の見直し

普通自転車の歩道通行に関する規定 10条、63条の4

歩道通行ができるのは、
1 道路標識等で指定された場合
2 運転者が13歳未満の児童及び幼児、70歳以上の者、身体障害者である場合
3 車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合
ただし、これらの要件を満たしても、歩行者の通行を妨げたり、警察官や交通巡視員が、歩行者の安全を確保するために必要があると認めて指示したときは、歩道を自転車に乗って通行してはいけません。

歩行者も
「普通自転車通行指定部分」をできるだけ避けて通行しなければなりません。

乗車用ヘルメットに関する規定 63条の10

児童・幼児(13歳未満の者)を保護する責任のある者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければなりません。

地域交通安全活動推進委員に関する規定 108条の29

地域交通安全活動推進委員(交通ボランティア)の活動内容に、「自転車の適正な通行方法についての啓発活動」が追加されました。