矢印信号に関する規定の整備等について(平成24年4月1日施行 道路交通法施行規則)

改正の概要

1 右折矢印信号の場合には、右折に加えて転回もできることとなりました。
2 聴覚に障がいのある方が運転できる車両の種類が拡大されました。

矢印信号に関する規定(第4条第2項及び別表第1の2)

右折矢印信号については、「右折し、又は転回することができる」こととなりました。
なお、道路標識等により、転回が禁止されている交差点においては、右折矢印信号の場合であっても転回することはできません。

聴覚に障がいがある方が運転できる車両の種類の拡大
(第23条第1項及び別表第2)

→ 詳しくはこちら(適性相談に関すること、聴覚に障がいのある方の運転免許の取得等のページへ)