自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」について(平成26年5月20日施行)

法律の概要

刑法から自動車運転過失致死傷罪と危険運転致死傷罪の規定を抜き出し、新法の「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(自動車運転死傷処罰法)が平成25年11月27日に公布され、平成26年5月20日に施行されました。
主な内容は次のとおりです。

1「危険運転致死傷罪」の適用拡大

以下の運転を行い、人を死傷させる行為にも「危険運転致死傷罪」が適用されます。

  1. アルコール・薬物の影響の下、正常な運転が困難な状態で走行
  2. 制御困難な高速度で走行
  3. 無技能で走行
  4. 妨害目的運転
  5. 信号殊更無視運転
  6. 通行禁止道路を進行

罰則:死亡させた場合:最長20年の懲役(1年以上)
       負傷させた場合:15年以下の懲役

アルコール・薬物、又は一定の病気の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転
→よって、アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態に陥り人を死傷させる行為
罰則:死亡させた場合:15年以下の懲役
       負傷させた場合:12年以下の懲役

※ 「通行禁止道路」、「一定の病気」については、「自動車の運転により人を死傷させる行為の処罰に関する法律施行令」で定められている。
※ 有期懲役の下限は特に定めがない限り、「1カ月」また、有期懲役の上限は「20年」。(併合罪を除く)

2「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪」の新設

アルコール・薬物の影響によりその走行中に正常な運転に支障が生じるおそれのある状態で運転

  • その運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷
    • その運転の時のアルコール・薬物の影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的で追い飲み等をする行為

罰則:12年以下の懲役

3「過失運転致死傷罪」

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させる行為

罰則:7年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金

4「無免許運転による加重規定」の新設

前記1から3の罪を犯したときに無免許運転をしたものであるとき。