自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」について(平成26年5月20日施行)

自動車運転死傷行為処罰法 平成26年5月20日施行

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
第2条 危険運転致死傷罪
以下の運転を行い、人を死傷させる行為
1 アルコール・薬物の影響により正常な運転が困難な状態で走行
2 制御困難な高速度で走行
3 進行を制御する技能を有しないで走行
4 妨害目的運転
5 信号を殊更に無視し運転
6 通行禁止道路を進行し運転(新)

死亡させた場合
最長の懲役(1年以上)

負傷させた場合
15年以下の懲役

加重
負傷させた場合
最長20年の懲役(6月以上)

第3条 危険運転致死傷罪(新)
アルコール・薬物又は一定の病気の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転し、
よって正常な運転が困難な状態に陥り人を死傷させる行為

死亡させた場合
15年以下の懲役
負傷させた場合
12年以下の懲役

加重
死亡させた場合
最長20年の懲役(6月以上)
負傷させた場合
15年以下の懲役

第4条 アルコール等影響発覚免脱罪(新)
アルコール・薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転し、運転上必要な注意を怠り、人を死傷させた場合にアルコール等の影響の有無・程度の発覚を免れるため・・
○さらにアルコール等を摂取
○その場を離れてアルコール等濃度を減少させる等の行為をする
12年以下の懲役

加重
15年以下の懲役

第5条 過失運転致死傷罪
運転上必要な注意を怠り、人を死傷させる
7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

加重
10年以下の懲役

第6条 無免許運転による加重
第2条から第5条を犯した者が、その罪を犯した時に無免許運転であった場合、刑が加重され、法定刑が重くなります。