交通事故発生状況・交通死亡事故の特徴

2.交通死亡事故の特徴

(5)道路形状別死者数

道路形状別では、交差点が42人(50.6%)で、前年と比較して7人(-14.3%)減少しました。

道路/年 平成30年(構成率) 平成29年(構成率) 前年対比(増減率)
交差点 42(50.6) 49(51.6) -7(-14.3)
交差点付近 16 (19.3) 14 (14.7) +2 (+14.3)
交差点等小計 58(69.9) 63(66.3) -5 (-7.9)
単路 23 (27.7) 30(31.6) -7(-23.3)
踏切 2 (2.4) 2 (2.1) ±0(±0.0)
一般交通の場所 0 (0.0) 0 (0.0) ±0(-)
合計 83(100.0) 95(100.0) -12 (-12.6)