交通管制センター

交通管制システムの働き

交通管制システムの特徴

・交通の状況に応じて、コンピュータにより信号制御を行うほか、交通事故、火災等突発事案に際しては、適切なう回誘導などの措置を行います。
・収集した交通情報は、コンピュータで解析してディスプレイ装置に文字や図で即時に表示するほか、コンピュータに蓄積して、将来の交通管制に活用しています。
・他府県と交通情報及び信号制御情報を相互に交換して、より広域的な交通管制を実施しています。

管制卓

本部交通管制センター<管制卓>

交通情報を基にしてコンピュータを操作したり、現場警察官に交通規制等の指令をします。

機械室

本部交通管制センター<機械室>

車両感知器等から送られてきた交通情報を交通管制システムの頭脳となる機械室のコンピュータで分析・処理し、そのデータに基づいて信号機の制御や交通情報板で自動的に渋滞等の表示を行います。