「ゾーン30」の整備について

​「ゾーン30」とは・・・

生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて最高速度30キロメートル毎時の速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る生活道路対策です。

ゾーン入口の対策、区域規制標識の設置 道路標示の設置 ゾーン内の対策 最高速度(30キロメートル毎時) 大型通行禁止規制等の実施 ハンプ等の設置(道路管理者による対策) 路側帯の設置・拡幅と中央線の抹消(道路管理者による対策)