安全運転管理者等講習について

安全運転管理者制度とは

この制度は、事業所における安全運転管理を徹底するために道路交通法で定められており、自動車の使用者は、下記の選任の基準に該当する場合は、その台数に応じ、法令で定められた要件を備えた安全運転管理者、副安全運転管理者を選任し、その者に法定の講習を受講させなければなりません。(道路交通法第74条の3、第108条の2等)

安全運転管理者等の選任の基準

安全運転管理者の選任 人数 副安全運転管理者の選任 人数
自動車の使用台数 乗車定員11人以上の自動車にあっては1台、その他の自動車にあっては5台 1人​ 自動車20台以上40台未満 1人
自動車40台以上60台未満 2人
自動車60台以上80台未満 3人
自動車80台以上100台未満 4人
以下、上記の例により加算する。

注:自動二輪車1台は、0.5台として計算します。なお、50cc以下の原動機付自転車は含みません。

安全運転管理者等の資格要件

安全運転管理者 副安全運転管理者
年齢 20歳以上
(ただし、副安全運転管理者が置かれることとなる場合は、30歳以上)
20歳以上
運転の管理等の経験 ●自動車の運転の管理に関し、2年以上の実務経験を有する者
●自動車の運転の管理に関し、上記の者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者
のいずれかの要件を満たし、かつ、下欄のいずれにも該当しないものであること。
●自動車の運転の管理に関し、1年以上の実務経験を有する者
●自動車の運転の経験期間が3年以上の者
●自動車の運転の管理に関し、上記の者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者
のいずれかの要件を満たし、かつ、下欄のいずれにも該当しないものであること。
欠格要件 ●公安委員会の命令により安全運転管理者等を解任され、解任の日から2年を経過していない者
●下記の違反行為等をした日から2年を経過していない者
・ひき逃げ
・無免許運転、酒酔い運転、酒気帯び運転、麻薬等運転
・無免許運転にかかわった車両の提供、無免許運転の車両への同乗
・酒酔い・酒気帯び運転にかかわった車両の提供、酒類の提供、酒酔い・酒気帯び運転の車両への同乗
・酒酔い・酒気帯び運転、無免許運転、過労運転、放置駐車違反等の下命・容認
・自動車使用制限命令違反

道路運送法・貨物自動車運送事業法で「運行管理者」の選任が義務付けられている事業所(例えばタクシー事業者や貨物運送事業者)は、安全運転管理者の選任は免除されています。

選任・解任の届出

使用者は、安全運転管理者等を選任又は解任したときは、その日から15日以内に公安委員会(自動車の使用の本拠の位置を管轄する警察署)へ届け出なければなりません。