安全運転管理者制度について

使用者(事業主など)は、安全運転管理者等を選任し、選任日から15日以内に届け出ることが必要です。安全運転管理者等を交替させたときも、選任の届出および解任の届出が必要です。

安全運転管理者等の選任の基準

安全運転管理者の選任 人数 副安全運転管理者の選任 人数
自動車の使用台数 乗車定員11人以上の自動車にあっては1台、その他の自動車にあっては5台 1人​ 自動車20台以上40台未満 1人
自動車40台以上60台未満 2人
自動車60台以上80台未満 3人
自動車80台以上100台未満 4人
以降、20台毎に1人を加算する

注:自動二輪車1台は、0.5台として計算します。なお、50cc以下の原動機付自転車は含みません。

●自動車の使用の本拠(届出の単位となる事業所)
同じ法人であっても、部署の所在地ごとに、別の事業所として選任・届出が必要です。
同じ所在地にある部署であっても、使用者(事業主など)ごとに、別の事業所として選任・届出が必要です。

●選任の基準となる自動車
使用する全ての自動車(いわゆる社長車、従業員の持ち込み車両、リース車両を含みます。)をいいます。

●使用者(この制度における届出者になります。)
自動車の運行を総括的に支配する地位にある者、使用者責任を負う者をいい、多くは事業主、所属長などを指します。

●安全運転管理者・副安全運転管理者
事業所に常勤し、ほかの事業所と兼務せず、使用者から必要な権限を与えられている者に限ります。

安全運転管理者等の資格要件

安全運転管理者 副安全運転管理者
年齢 20歳以上
(ただし、副安全運転管理者を選任する場合は、30歳以上)
20歳以上
運転管理の実務経験(いずれかの一つに該当していること) ○自動車の運転の管理に関し、2年以上の実務経験を有する者
○上記の者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者
○自動車の運転の経験期間が3年以上の者
○自動車の運転の管理に関し、1年以上の実務経験を有する者
欠格要件 ○公安委員会の命令により安全運転管理者等を解任され、解任の日から2年を経過していない者
○下記の違反行為等をした日から2年を経過していない者
●ひき逃げ
●無免許運転、酒酔い運転、酒気帯び運転、麻薬等運転
●無免許運転にかかわった車両の提供、無免許運転の車両への同乗
●酒酔い・酒気帯び運転にかかわった車両の提供、酒類の提供、酒酔い・酒気帯び運転の車両への同乗
●酒酔い・酒気帯び運転、無免許運転、過労運転、放置駐車違反等の下命・容認
●自動車使用制限命令違反


届出・問合せ先

事業所の所在地を管轄する警察署の交通課 平日(休日を除く月曜日から金曜日まで)の午前9時から午後5時45分まで