交通安全教育班

警察署の交通安全活動

警察署の交通安全教室、交通安全キャンペーン等の活動を紹介します。

西成警察署

10月24日(水曜日)管内の小学校において、子どもの交通事故防止のため、西成区役所市民協働課の職員と合同で交通安全教室を実施しました。

交通安全教室の様子

信号の色の意味や一時停止の標識の意味、飛び出しの危険性について子ども達にも分かりやすく教えました。

交通安全教室の様子

校庭に模擬道路を作り、低学年には歩行時、高学年には自転車乗車時の安全指導を行いました。

旭警察署

10月31日(水曜日)管内の信号のない横断歩道付近において、地元ボランティアの方と安全な横断歩道の渡り方や夜間の交通事故防止のための反射材やブレスレット型LEDライト等の利用について広報啓発活動を行いました。

広報啓発活動の様子

歩行者に対し、横断する際は、ハンドサイン(車の運転手に対して手のひらを見せて渡りたいという意思表示をすること等)で安全に横断歩道を渡るよう広報しました。

広報啓発活動の様子

夜間の交通事故防止の為、ブレスレット型LEDライトを通行人に配付し、その効果や使用方法について説明しました。

吹田警察署

9月15日(土曜日)JR西日本吹田総合車両所において、タレントの斉藤雪乃さんを一日警察署長に任命し「交通安全を吹田から全国へ発信!」をスローガンに交通安全キャンペーンを実施しました。

交通安全キャンペーンの様子

吹田警察署の一日警察署長に任命された斉藤雪乃さんは、「外を歩くとき、自転車に乗るとき、車を運転するとき、お互いに思いやりをもってもらえたら」などと呼びかけました。

交通安全キャンペーンの様子

地域の子ども達の交通安全をテーマとしたメッセージや、絵で列車がラッピングされました。
自分の絵を見つけた参加者は、絵の前で写真撮影を行っていました。

城東警察署

9月22日(土曜日)大阪府警察本部の関目別館において、「交通機動隊・城東フェスタ」を開催し、交通安全教室等を行いました。

屋内では、城東署員が自転車に対する交通安全教室を実施しました。
教室では、車の死角や自転車の交通違反者に対する自転車運転者講習制度の内容についての説明を行いました。

屋外では、交通機動隊の白バイ隊員によるデモ走行が行われ、多数の方が見学しました。

堺警察署

8月2日(木曜日)関西大学の堺キャンパスにおいて、「自由研究フェスティバルin関西大学」が開催され、その中で交通安全教室を実施しました。

フェスティバルに参加した小学生に対し、自転車の交通ルール等について説明しました。

自転車シミュレーターや自転車交通安全VRなど体験型の交通安全教室も実施しました。

寝屋川警察署

8月3日(金曜日)管内の公民館において地域住民に対し、交通安全教室を実施しました。

寝屋川警察署管内の交通事故発生状況について説明するとともに、反射材の視認性について説明しました。

反射材を使用した「牛乳パックブローチ」を参加者と一緒に作成し、夜間の反射材着用を呼びかけました。

此花警察署

7月11日から13日及び17日から19日の6日間に、大阪市建設局の職員の方々に対し、警察署員と高速道路交通警察隊による交通安全講習を実施しました。

交通安全講習の様子

此花警察署員が横断歩行者等妨害違反の説明を行い、横断者に優しい運転を心がけるよう指導しました。

交通安全講習の様子

大阪府警察高速道路交通警察隊は安全運転に関する講習を行い、交通安全意識の高揚を図りました。

住吉警察署

7月3日(火曜日)に管内の郵便局員の方々に対し、警察署員及び交通機動隊員による二輪車の交通事故防止実践型講習を行いました。

二輪車の交通事故防止実践型講習の様子

配達業務出発前の慣熟走行の重要性を説明し、ワンポイント安全指導を行いました。

二輪車の交通事故防止実践型講習の様子

大量の郵便物を積載するとバランスが取りにくくなることを理解してもらうために一本橋を走行するなど、実践的な交通安全教室を開催しました。

西堺警察署

6月13日(水曜日)管内の保育園において堺市役所職員の方とともに、園児に対する交通安全教室を実施しました。

パネルなどの資器材を利用して、園児に分かりやすく信号のお約束などの交通ルールの説明をしました。

園庭に模擬道路を作り、横断歩道を渡る前に、左右を確認してから渡るなどのお約束を実践しました。

泉佐野警察署

6月12日(火曜日)管内の保育所において、熊取町役場の職員の方とともに園児に対し交通安全教室を実施しました。

園児は、警察官の呼びかけに元気いっぱいお返事をしてくれ、一時停止や車の死角について説明をすると真剣に聞き入ってくれました。

グランドに模擬道路を作り、2人1組になって、道路を歩く練習をしました。

平野警察署

5月10日(木曜日)管内の主要交差点において、通学時にしっかりと交通ルールが守られているか警察官が通学路に立って、交通安全指導を行いました。

小学校のPTA役員と連携して、子ども達に対し、通学時に交通ルールを再確認させました。

交差点付近の歩道を走行する自転車に対し、通学の児童と交錯することのないよう、自転車安全利用啓発のチラシを配布しました。

八尾警察署

5月14日(月曜日)管内の小学校の児童に対して、交通安全教室を実施しました。

自転車の通行方法について、分かりやすく説明しました。

グランドに模擬道路を作り、実際に自転車に乗って自転車乗用中の注意点を学習しました。

交野警察署

4月25日(水曜日)、管内の小学校1、2年生に対し、下校時に交通安全教室を行いました。

下校前に道路を歩く時、渡る時の注意点を児童と一緒に再確認しました。

踏切の渡り方について実際にきちんと安全確認出来ているかを確かめながら、歩きました。

四條畷警察署

4月12日(木曜日)奈良県の生駒警察署、自治体及び関係機関等と連携し、ドライバーの交通安全意識の高揚を図るため街頭キャンペーンを実施しました。

キャンペーンに先立ち、参加者に対し交通事故防止に連携して取り組むことを確認しました。

ドライバーに対して、リーフレット・啓発品を手渡して、シートベルト着用と飲酒運点根絶を訴えました。

南警察署

3月6日(金曜日)管内の保育園において、交通安全教室を行い、園外を実際に歩く練習をしました。

実際に園外を歩く前に信号や止まれの標識について園児に分かりやすく説明しました。

園の外を出て、実際の道路で信号のある交差点の安全な渡り方を確認しました。

茨木警察署

3月15日(木曜日)管内のグランドにおいて、高齢者の方に対し、「自転車マナー講習会」を行いました。

自転車の点検要領について説明を行い、実際に自分の自転車を点検しました。

グランドに模擬道路を設置し、安全のための交通ルールを確認しながら、自転車に乗車しました。

豊能警察署

2月5日(月曜日)管内のふれあいセンターにおいて、交通安全教室を実施しました。

高齢者の交通事故の発生状況及びその特徴について、資料を活用しながら説明し、交通事故防止を呼びかけました。

臨時認知機能検査や運転免許証の自主返納制度について映像を使って分かりやすく説明しました。

北堺警察署

2月11日(日曜日)管内の小学校において、関係団体の協力を得て自転車の交通安全の意識向上を目的とした、子ども・保護者・高齢者の三世代が参加する自転車大会を実施しました。

交通死亡事故多発に伴う、傾向と対策を解説、歩行時・自転車乗用時の基本的な交通ルールを説明しました。

グランドに模擬道路を設置し、自転車に乗って、正しい交通ルールとマナーの見直しを行いました。

阿倍野警察署

1月19日(金曜日)管内の幼稚園において、園児に対する交通安全教室を実施しました。

 信号や道路標識等の資機材を活用して幼児に分かりやすく説明しました。

 ストップ体操をしながら、楽しく交通安全を学んでもらいました。

豊中南警察署

1月26日(金曜日)管内の幼稚園において、幼児とその保護者を対象とした交通安全教室を実施しました。

 この春から小学生になる児童等に対して、通学時に気をつけることや自転車の点検方法について分かりやすく説明しました

 園庭に模擬道路を作り、保護者と園児が一緒になって正しい自転車の乗り方で通行してもらいました。

高槻警察署

12月6日(水曜日)管内の中学生に対して、歩行時や自転車乗用時の交通安全教室を実施しました。

 体育館内に模擬道路を設置し、より実践的な歩行訓練を実施しました。

 自転車乗用時の通行方法を具体的に指導したところ、受講者に交通安全意識の高揚がみられました。

河内警察署

12月9日(土曜日)管内の小学校において、三世代を対象に交通安全教室を実施しました。

 パネルなどの資器材を利用し、自転車の正しい利用方法などについて分かりやすく説明し、理解を深めてもらいました。

 自転車の実技指導では、熱心に交通ルールを確認する保護者、祖父母が多く、大人が子どもの見本となるよう意識の向上を求めました。

寝屋川警察署

11月7日(水曜日)管内の保育園の園児に対して、歩行時の交通安全教室を実施しました。

 標識や信号機の説明では、パネルなどを使用して、子ども達に分かりやすく説明しました。

 園庭に模擬道路を設置し、4歳児クラスと5歳児クラスの園児がペアになり、実際に歩く練習をしました。

堺警察署

11月16日(木曜日)管内の聴覚支援学校において、自転車に対する交通安全教室を実施しました。

 パネルなどの資機材を利用し、自転車乗車中の事故事例などを分かりやすく説明しました。

 屋外では、警察官が話す交通ルールの内容を学校の教諭が手話で説明するなど、学校と警察が連携して交通安全教室を実施しました。

住吉警察署

10月5日(木曜日)管内の墨江女性会に対して、墨江北福祉会館において自転車の交通安全教室を実施しました。

住吉交通安全教室の様子1

住吉区の交通事故の特徴である自転車事故や交差点関連事故について分かりやすく説明しました。

住吉交通安全教室の様子2

資機材を活用し、交通ルールや運転免許証の自主返納制度について理解を深めてもらいました。

豊中南警察署

10月23日(月曜日)管内の幼稚園において、園児に対する交通安全教室を実施しました。

豊中南交通安全教室の様子1

園児やその保護者に対して、信号や標識の説明、車の合図について説明を行い、交通ルールについて分かりやすく説明しました。

豊中南交通安全教室の様子2

保護者はチャイルドビジョン(幼児視界体験メガネ)を装着して、子どもと同じ目線で演じと一緒に歩く練習をしました。

和泉警察署

9月6日(水曜日)管内の高齢者に対して、和泉市社会福祉協議会主催の年輪大学で、交通安全教室を実施しました。

大阪府下及び管内の交通死亡事故の発生状況について、分かりやすく説明しました。

和泉市交通安全教育指導員が、自転車に乗り、どこが間違っているかをみなさんに答えてもらい、交通ルールを具体的に説明しました。

東成警察署

9月21日(木曜日)管内の老人福祉センターにおいて、シニア自転車交通安全大会を実施しました。

自転車シミュレーターによる安全走行とクイックアームによる反射神経の測定値を点数化し、得点を競いました。

交通課長が大会の講評と表彰を行いました。

東住吉警察署

8月6日(日曜日)管内の小学校において、管内地区の小中学生や青少年指導員に対し、自転車の交通事故防止を目的に交通安全教室を実施しました。

交通安全教室の様子

交通安全ビデオを視聴後、自転車乗用時にありがちな巻き込み事故を防止するためのポイントについて具体的に説明しました。

交通安全教室の様子

グランドにパイロンを等間隔に設置し、片手運転、両手運転、二人乗り運転をして、バランスの違いを体験してもらいました。

茨木警察署

8月4日(金曜日)管内の事業所に対して、VR(交通事故を模擬体験できる交通安全教育資機材)を活用した自転車の体験型交通安全講習を実施しました。

交通安全講習の様子

パワーポイントを利用して、管内の交通事故発生状況や交通事故防止方法等について説明しました。

交通安全講習の様子

VRを活用し、交通事故を模擬体験することにより、自転車の安全利用について実践的に学びました。