落下物にご注意!110番もしくは#9910への通報を!

啓発用リーフレット(裏面)

もしもの時は・・・

事故が発生したら
1歩き回らない
事故でやむを得ず停止した場合は、本線や路肩を歩き回らないでください。
近年、停止した車の運転手等が、後方からきた車にはねられ死亡する事故が多発しています。

2後続車に合図
「ハザードランプ」「発炎筒」「停止表示器材」等後続車に対する安全措置をとってください。

3安全な場所へ避難
通行車両に注意しながらガードレールに外側等、安全な場所へすみやかに避難してください。
車内での待機は、後方からきた車に追突される恐れがあり、安全とは言えません。

4通報
「110番」「非常電話」「道路緊急ダイヤル(♯9910)」いずれかで、事故の状況を通報してください。

5走行が不可能な場合
レッカー車等の手配をお願いします。

「非常電話」とは
本線上(1キロメートルおき)、トンネル内(200メートルおき)、インターチェンジ、サービスエリア、パーキングエリア、バスストップ、非常駐車場に設置。
受話器を取るだけで、道路管制センターにつながります。

「道路緊急ダイヤル(♯9910)」とは
固定電話(NTT)、携帯電話などから♯9910をダイヤルしてください。
落下物、逆走車、人や自転車等の立ち入り、路肩の崩壊、路面の穴ぼこなど、車両の通行に支障となる道路の異状、緊急事態を発見した時に使用してください。
全国の高速道路、国土交通省が管理する国道はすべて対象となり、24時間、無料で利用できます。

注意!運転中の携帯電話の使用は道路交通法により禁止されております。
携帯電話等による情報は必ず同乗者の方からかけていただくか、休憩施設など安全な場所に移動・停車しておかけください。