運転免許証のICカ−ド化と臓器提供の意思表示欄の新設について

新様式の運転免許証をお持ちの方

臓器提供意思表示欄記入要領

  • 意思の選択
  • 自分の意思に合う番号をひとつだけ選択して、番号を○で囲んでください。
免許証裏面に新たに設けられた、臓器提供意思表示欄を使用して、臓器提供に関する意思を表示することができます。記入は自由です。記入方法については、次の方法によることとされております。まず始めに、自分の意志に合う番号に次のとおりひとつだけマルで囲んでください。脳死後及び心臓が停止した死後のいずれの場合でも、移植のために臓器を提供する場合は、1マルで囲む。心臓が停止した死後に限り、移植のために臓器を提供する場合は、3をマルで囲む。臓器を提供したくない場合は3をマルで囲んでください。
  • 提供したくない臓器の選択
  • 1又は2を選択した方で、提供したくない臓器があれば、その臓器に×を記入してください。
1又は2を選択した場合に、心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球の中で提供したくない臓器があるときは、その臓器にバツをつけてください。
  • 特記欄への記入
  • 1又は2を選択した方で、親族に対して臓器を優先的に提供することを希望する場合は、「親族優先」と記入できます。その他、詳細な記入要領については、社団法人日本臓器移植ネットワークにお問い合わせください。
親族に対して臓器を優先的に提供する意志を表示することができますので、その場合には特記欄に親族優先と記入してください。
  • 署名など
  • 本人の署名及び署名年月日を自筆で記入してください。
本人の署名及び署名年月日を自筆で記入してください。

記入例

  • 【例1】脳死後及び心臓が停止した死後のいずれの場合でも、移植のために臓器を提供する場合(眼球を提供したくない場合)
私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植のために臓器を提供します。の番号1を丸印で囲んでください。提供したくない臓器として眼球にバツ印を記入してください。最後に、本人の署名及び署名年月日を自筆で記入してください。
  • 【例2】心臓が停止した死後に限り、移植のために臓器を提供する場合(親族に対して臓器を優先的に提供することを希望する場合)
私は、心臓が停止した死後に限り、移植のために臓器を提供します。の番号2を丸印で囲んでください。つづいて、特記欄に「親族優先」と記入してください。最後に、本人の署名及び署名年月日を自筆で記入してください。
  • 【例3】臓器を提供したくない場合
私は、臓器を提供しません。の番号3を丸印で囲んでください。つづいて、本人の署名及び署名年月日を自筆で記入してください。

「臓器提供意思表示欄」の保護について

「臓器提供意思表示欄」に記載された意思は、免許を受けた方のプライバシーに関わるものです。これを保護するための「意思表示保護シール」を貼り付けることができます。

  • 「意思表示保護シール」は、門真・光明池運転免許試験場及び大阪府下の警察署(大阪水上警察署を除く)の免許の窓口に設置しています。
意思表示欄保護シールは、臓器提供意思表示欄に記入した後、上から貼り付けて使用することができます。このシールは、一度はがすと再貼付できません。