免許の種類と運転できる自動車など

準中型自動車、準中型免許について

初心運転者標識(初心者マーク)の表示

  • 準中型免許の取得後1年に達しない方が、準中型自動車を運転するときは、初心運転者標識(初心者マーク)を車体の前後面に表示しなければなりません。
  • ただし、準中型免許の取得後1年未満でも、普通自動車を運転するときは、初心者マークを表示する必要はありません。
  • また、次の方は、準中型自動車を運転するときについても、初心者マークを表示する必要はありません。
  • ・普通免許を取得して2年以上経ってから、準中型免許を取得した方
  • ・準中型免許を取得する前6ヶ月以内に中型免許または大型免許を受けていたことがある方
  • ・準中型免許を取得する前6ヶ月以内に準中型免許を受けていたことがあり、その免許の保有期間が1年以上の方
  • ・準中型免許の取得後に、中型免許または大型免許等の上位免許を取得した方

初心運転者期間制度の適用

準中型免許を取得して1年以内に、交通違反をして一定の基準に達した方は、初心運転者講習が行われます。
初心運転者講習を受けなかった場合は、再試験が行われ、再試験で不合格になったり、再試験を受けなかった場合には、免許の取消処分を受けます。

準中型自動車の反則金の額

準中型自動車の反則金は、大型自動車・中型自動車と同額になります。