パーキング・メーター、パーキング・チケットに関すること

利用方法について

パーキング・メーター、パーキング・チケットは、「時間制限駐車区間」という交通規制に基づいて設置しています。

パーキング・メーターの利用方法

・ 駐車枠内に正しく駐車した後、直ちにパーキング・メーターに手数料(300円)を納入してください。
・ 規制の時間内(例えば午前8時から午後8時までの間)で、かつ、制限時間内(60分以内)で駐車することができます。
・ 不作動(手数料の未納)・時間超過(60分を超える)・枠外駐車(駐車枠内に駐車しない)は、駐車違反となります

パーキング・チケットの写真

パーキング・メーター前面に記載の使用方法をよく読んで利用してください。

パーキング・チケット発給設備の利用方法

・ 駐車枠内に正しく駐車した後、直ちにパーキング・チケット発給設備に手数料(300円)を納入してパーキング・チケットの発給を受けてください。
・ 発給を受けたパーキング・チケットを車両の前面の見やすい場所に掲示して、規制の時間内で、かつ、制限時間内で駐車することができます。
・ パーキング・チケットの不発給・不掲示、時間超過、枠外駐車は、駐車違反となります。

パーキング・チケットの写真

パーキング・チケット操作説明板をよく読んだ上で利用してください。

その他

・ 供用時間にご注意ください。
(例)午前8時から午後8時となっている場合は午後8時までが使用可能で、以降は使用できません。
午後7時50分に駐車した場合午後8時までの10分間のみが使用可能となります。

・供用時間内であっても、同一場所に連続して1時間を超えて駐車することはできませんので、停められる方が公平に利用できるようご協力をお願いします。
なお、次の例示の場合は、駐車違反になりますのでご注意ください。
(例1)供用時間が午前8時から午後8時となっている場合で、午前10時にパーキング・チケット2枚の発給を受けて前面ガラスなどに2枚とも貼付して、連続して2時間駐車する場合。
(例2)供用時間が午前8時から午後8時となっている場合で、パーキング・チケット1枚の発給を受けて午前10時から午前11時まで駐車し、再度パーキング・チケットの発給を受けて、引き続き駐車し続ける場合。

・パーキング・メーター、パーキング・チケットは、駐車を促進するために設置しているものではありません。お出かけの際はなるべく電車やバスなどの公共交通機関をご利用ください。
制限時間を超えての駐車が必要な場合は、路外の一般駐車場をご利用ください。