自転車運転者講習の概要(平成27年6月1日施行)

概要

改正道路交通法の施行により、自転車の運転に関して、信号無視などの危険なルール違反をくり返すと、公安委員会が行う自転車運転者講習の受講を命ぜられることとなりました。
詳細は、内閣府作成の「自転車運転者も責任が問われます 平成27年6月から自転車運転者講習制度がスタート」の動画をご覧ください。(内閣府のホームページへのリンク。新しいウィンドウが開きます。

交通に危険を及ぼす違反行為を反復して行った自転車運転者 要件 ○信号無視など、危険な違反行為を3年以内に2回以上反復して敢行 ○危険な違反行為による自転車事故も対象 ○14歳以上の者 受講命令 自転車運転者講習を受講 →危険性の改善 受講命令に従わない場合 →5万円以下の罰金

チラシ

自転車運転者講習についてのチラシをご用意いたしました。これらは自由にダウンロードや印刷することができるようになっていますので、交通安全教室や交通安全の啓発活動の機会にぜひ活用してください。​

チラシ1(PDFHTML

チラシ2(PDFHTML

自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為(14項目)

  • 法第7条(信号機の信号等に従う義務)の規定に違反する行為
  • 法第8条(通行の禁止等)第1項の規定に違反する行為
  • 法第9条(歩行者用道路を通行する車両の義務)の規定に違反する行為
  • 法第17条(通行区分)第1項、第4項又は第6項の規定に違反する行為
  • 法第17条の2(軽車両の路側帯通行)第2項の規定に違反する行為
  • 法第33条(踏切の通過)第2項の規定に違反する行為
  • 法第36条(交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
  • 法第37条(交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
  • 法第37条の2(環状交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
  • 法第43条(指定場所における一時停止)の規定に違反する行為
  • 法第63条の4(普通自転車の歩道通行)第2項の規定に違反する行為
  • 法第63条の9(自転車の制動装置等)第1項の規定に違反する行為
  • 法第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項の規定違反する行為(法第117条の2第1号に規定する酒に酔った状態でするものに限る。)
  • 法第70条(安全運転の義務)の規定に違反する行為

大阪の自転車事故(参考)

平成27年
平成26年 前年対比(パーセント) 増減率(パーセント)
件数 7,092 7,607 -515 -6.8
死者数 36
16
+20 +125.0
負傷者数 7,014 7,606 -592 -7.8
うち重傷者数 525
533
-8
-1.5

※件数は関連件数(1当又は2当)、死者数、負傷者数は自転車自身の死傷者数を計上
※平成27年7月末及び前年同時期との比較

特徴

  • 自転車運転者(死亡事故)のうち
  • ○9割近くに法令違反あり
  • ○3割以上が信号無視
  • となっています。

スタンド式チラシ

自転車運転者講習制度及び自転車の飲酒運転防止を広報するためのスタンド式チラシをご用意いたしました。これらは自由にダウンロードや印刷ができるようになっていますので、飲食店等多くの自転車利用者の目に触れる場所に設置するなどして啓発活動にぜひ活用してください。

スタンド式チラシ

PDFHTML