大阪府速度管理指針

平成28年12月羽曳野警察署
速度取締指針

〈羽曳野警察署の速度取締重点〉
次の路線、時間帯を重点に速度違反取締活動を推進します。
重点路線、美原太子線
重点時間、8時から19時
区間、羽曳野IC前交差点から小平尾交差点
規制速度、40キロメートル

重点路線、国道170号
重点時間、8時から19時
区間、白鳥北交差点から野中東交差点
規制速度、50キロメートル

・重点以外の場所、時間帯でも、取締りを実施します。

〈羽曳野警察署管内における交通事故実態〉
○管内での平成28年中の死亡事故は11月末で3件3名発生しています。
死亡事故は全て夜間に発生しており、全て幹線道路での発生となっています。
○交通事故の発生場所は、国道170号、堺羽曳野線、堺大和高田線、旧国道170号などの幹線道路での発生が約4割、住宅街での発生が約6割になります。           
○交通事故の発生時間は、 午前7時から午後7時頃までの間が約8割を占め、 同時間帯の中でも日の入前後である午後5時から午後7時の「薄暮」時間帯の発生が特に多くなっています。

〈その他交通指導取締要点〉
・管内の幹線道路では、パトカーによる速度違反取締りを強化
・交差点での信号無視、横断歩行者妨害違反等の交通事故に直結する交通違反取締りを強化
・住宅街の交差点における一時不停止違反等の取締りを強化