大阪府速度管理指針

速度取締指針
平成29年3月南警察署

〈南警察署の取締重点〉
・次の路線、時間帯を重点に速度違反取締活動を推進します。
重点路線、大阪和泉泉南線(谷町筋)
重点時間帯等、昼間帯
・次の場所・時間帯については、危険性の高い信号無視及び横断歩行者妨害違反等の取締活動を重点的に推進します。
重点場所、国道25号(御堂筋)難波交差点
重点時間帯、昼間帯
重点場所、大阪枚岡奈良線(千日前通)日本橋1丁目交差点
重点時間帯、昼間帯
・重点以外の場所、時間帯でも、取締りを実施します。
〈南警察署管内における交通実態等〉
○道路形状別事故発生状況(平成28年中)
管内の事故の半数以上が交差点及びその付近で発生し、自転車関連の事故が40.5パーセントである。
○路線別事故発生状況(兵士絵28年中)
管内の事故の60パーセントが幹線道路で発生しており、そのうち、御堂筋・千日前通・堺筋・長堀通での発生が約9割を占めている。
・南警察署管内は、ミナミ地区を中心に劇場・映画館・風俗営業・飲食店等が密集し、一大歓楽街を形成しており、西日本最大の繁華街として一日中人の途絶えることのない24時間都市として、昼夜を問わず人や車両の往来が激しく自転車関連事故が多発している。
〈その他の交通指導取締重点〉
・幹線道路にあっては、パトカーによる速度違反等の取締りを強化
・幹線道路以外の細街路や通学路周辺における交差点での一時不停止違反や取締り要望の多い自転車の違反についても取締りを強化
・幹線道路、その他の道路を問わず飲酒運転の取締りを強化