大阪府速度管理指針

平成28年12月浪速警察署
速度取締指針

〈浪速警察署の速度取締重点〉
重点路線、大阪伊丹線(なにわ筋)
重点時間帯、9時から18時
区間、幸町1丁目から塩草2丁目交差点
規制速度、50キロ
重点路線、桜川恵美須町線
重点時間帯、9時から18時
区間、桜川2丁目から大国交差点
規制速度、40キロ

・上記の重点路線以外の場所、時間帯であっても取締りを実施します。

〈浪速警察署管内における交通事故実態〉
時間帯別人身事故発生状況(平成26年8月末現在)
・時間帯別発生状況としては、午前9時から午後6時の時間帯に人身事故が多発しています。
・死亡事故発生3件中の内2件が、同時間帯に発生しています。
主な路線別・危険認知速度別人身事故発生状況(平成26年8月末現在)
・事故発生件数別では、大阪伊丹線での事故が最も多く、次いで桜川恵美須町線が多く発生しています。
・危険認知速度別では、桜川恵美須町線は比較的に速い速度での事故が多く発生しています。
※「危険認知速度」とは
交通事故当事者である車両運転者が、危険を認知して急ブレーキや急ハンドルなどの危険回避措置をとった際に出ていた車両速度(「事故直前速度」ともいう)。

※「大阪伊丹線」「桜川恵美須町線」の状況
○大阪伊丹線の東側には、平成26年4月に市立立葉小学校と塩草小学校を統合した塩草立葉小学校があり、同線の事故発生増加に伴い、児童の安全確保が求められています。
○桜川恵美須町線の南側には、平成26年4月に市立栄小学校が移転い、それに伴い同線が通学路となり、児童の安全確保を含めた取締り要望が寄せられています。

〈その他交通指導取締要点〉
○管内全域において、信号無視・横断歩行者妨害・一時不停止違反などの取締りを強化します。
○違法駐車違反の取締りについても、管内全域を対象に継続して実施します。