大阪府速度管理指針

平成28年11月
鶴見警察署
速度取締指針

〈鶴見警察署の速度取締重点〉
重点路線、大阪中央環状線
重点時間、6時から12時、14時から20時
区域、茨田大宮交差点から安田東交差点
規制速度、50キロメートル毎時重点路線、大阪中央環状線
重点時間、6時から12時、14時から20時
区域、茨田大宮交差点から安田東交差点
規制速度、50キロメートル毎時

重点路線、大阪生駒線
重点時間、6時から12時、14時から20時
区域、鶴見3丁目交差点交差点から安田東交差点
規制速度、50キロメートル毎時

・上記の場所、時間帯以外であっても速度取締を実施することがあります。

〈鶴見警察署管内における交通事故実態(平成28年9月2日現在)〉
○主要路線別事故発生状況
・路線別の事故発生状況は国道479号線に次いで大阪中央環状線での発生が多く、次に大阪生駒線となっている。
○時間帯別事故発生状況
・6時から12時と16時から20時の時間帯に人身事故が多発しています。
○事故類型別発生状況
・追突34%、出合い頭24%、左折時8%、右直6%、横断歩行中4%、正面衝突2%、その他22%

~平成28年9月20日現在~
・人身事故は388件で(前年比プラス84件)、死者1人(プラスマイナス0人)、負傷者443人(プラス84人)
 重傷事故29件(プラス24件)と増加している。
・鶴見警察署管内では死亡事故が1件発生している。大阪生駒線での発生で、直進のバイクと右折の乗用車の右直事故であった。
・その他大阪中央環状線では重傷事故が6件、大阪生駒線でも重傷事故が3件発生している。

〈その他の交通指導取締重点〉
・国道479号線において、パトカーによる速度取締重点路線、大阪中央環状線
重点時間、6時から12時、14時から20時
区域、茨田大宮交差点から安田東交差点
規制速度、50キロメートル毎時強化
・管内各交差点における歩行者妨害違反の取締強化
・街区内における悪質運転自転車の取締強化