ハイ!こちら110番警察本部です

110番のしくみ

110番は、事件・事故の緊急通報用電話です。

通信指令システム

通信指令システム
  • 110番は「事件」や「事故」にあわれた方、又は「事件」や「事故」を見られた方々からいち早く警察に通報していただくために整備した緊急時の専用電話です。
  • 大阪府内からの「110番」は、原則として大阪市中央区にある大阪府警察本部の通信指令室に接続されます。 通報者の方は「地元の警察署にかかっている」と思っている方も多く、通信指令室では事件や事故の発生場所を特定するのに苦労しています。早く警察官が現場到着するためにも、正確な場所(町名番地、目標物等)をお知らせください。
  • 110番をするときは落ち着いてお話しください。状況等を詳しくお尋ねしますが、その間にもパトカーなどを現場に向かわせていますので、安心してお話しください。

通信指令室からのお願い

1.110番をかける際の注意事項

  • 110番通報は着信順に接続されています。「すぐ出ない」と判断され、かけ直されますと、さらに時間がかかることになりますので、切らずにそのままお待ちください。
  • 事件・事故の内容、自分のいる場所、目標となる建物等を落ち着いて言ってください。
  • いたずらの110番通報は、犯罪です。緊急な事件・事故の対応に支障を来しますので、絶対にしないでください。
  • 緊急でない相談・要望等については、警察相談電話「#9110」や最寄りの警察署・交番へお願いします。

2.携帯電話から110番する際の注意事項

  • 自動車運転中の携帯電話の使用は、道路交通法によって禁止され、事故の原因ともなりますので、安全な場所に停車してから通報してください。
  • 通報場所や電波状態によっては、隣接する他府県警察本部に接続されることがあります。この場合、110番通報を受理した警察本部から管轄警察本部へ転送しますので、係員の指示に従ってください。
  • 110番通報をしていただいた後に警察官から通報内容について、再度お尋ねすることもありますのでしばらく電源を切らないでください。