大阪府自転車盗難等防止対策協議会について

大阪府自転車盗難等防止対策協議会とは

平成24年3月、大阪府警察の働きかけにより、街頭犯罪の押し上げ要因となっている自転車盗の発生抑止を主目的とし、警察・自治体・自転車関連事業者等が集まり発足した団体で、自転車盗の防止啓発活動や、被害の起きにくい環境づくりに取り組んでいます。

活動内容

自転車盗防止啓発キャンペーンやイベントへの参加、啓発品の府内各所への掲示等を行い、多くの方々に自転車盗被害の防止を呼びかけています。

キャンペーン風景

キャンペーン風景​

自転車盗の被害にあわないために

平成24年中の府下の自転車盗認知件数は約3万件と、罪種別で最も発生の多い犯罪です。
被害にあわないためには
・ 少しの時間でも必ず鍵をかける
・ 盗難に強いシリンダー錠やディンプル錠への取り替えや2重ロックを行う
・ 路上放置をしない
・ 防犯登録を行う(※防犯対策情報コーナー「自転車防犯登録制度について」)
などの防犯対策が大切です。
少しの心がけで自転車盗被害を防止しましょう。

​自転車は、大切な財産 あなたの、大切な思い出・・・