子どもの安全見まもり隊活動

子どもの安全見まもり隊活動とは

​地域の子どもは地域で守る!

PTAなどの地域住民により、子どもの安全を確保するため通学路、遊び場等において子どもの安全を見まもる活動をいい、警察はこの活動を積極的に支援しています。
子どもの安全の確保には子どもを取り巻く地域の総ての人達の力が必要なのです。

子どもの犯罪被害は「減らす」より「ゼロ」を目指して

子どもは、自ら被害を回避するという能力に欠け、一度被害に遭うと本人及び保護者等が被るダメージは非常に大きく、また、社会に与える不安も大きいものです。
従って、このような悲惨な子どもの被害は絶対に防止しなければなりません。

府下における子どもの安全見まもり隊活動の実態は

大阪府内には、約1,000校の小学校があり、全ての小学校区において、地域住民による子どもの安全見まもり隊活動が行われています。