自動車関連犯罪の被害に遭わないために

部品ねらいの現状

平成28年中の部品ねらい認知件数は6,175件で、前年比で250件増加しています。

ナンバープレート盗難の現状

平成28年中の大阪のナンバープレート盗難は約3,800件で、部品ねらい被害の約6割を占めています。
犯人は盗んだナンバープレートを盗難車両に取り付けて車上ねらいを繰り返すなど悪用し、被害品を売りさばいて覚せい剤の購入資金にするなどしています。
新たな犯罪や被害者を生み出さないためにも、ナンバープレートの盗難防止に努めましょう。

部品ねらいのイラスト

ナンバープレートには盗難防止ネジを取り付けましょう

あなたの愛車の大切な表札であるナンバープレートを盗難から守りましょう。
大阪府警察では、「盗難防止ネジ 小さなネジでも大きな役割 ~ナンバープレート・カーナビには盗難防止ネジをつけましょう~」を合言葉に、ナンバープレートを盗まれ難くする盗難防止ネジを推奨しています。

盗難防止ネジ

(公益社団法人)大阪府防犯協会連合会登録優良防犯器具

盗難防止ネジが、貴方の愛車のナンバープレートを盗難から守ります。

盗難防止ネジの取付け作業映像

盗難防止ネジの取付け作業映像

※ウィンドウズメディアプレーヤーのナビゲーションボタンを操作して動画をご覧いただけます。(動画データはウィンドウズメディアビデオ形式です。)

ナンバープレート盗難防止ネジには、種類もたくさんあります。
ネジの価格、デザイン、効果、脱着要領など、皆さん自身の目で確かめて、お気に入りのものをお選びください。

※一部車種によっては、ナンバープレートを取り外さないとオイル交換やメンテナンスができないものがありますのでご注意ください。
※盗難防止ネジは、ナンバープレートの盗難防止を100%保証するものではありません。

カーナビ盗難の現状

平成28年中の大阪のカーナビ盗難は、約850件発生しており、純正のカーナビも、ダッシュボードパネルを破壊されて盗まれています。カーナビには自宅の位置や友人の連絡先など、プライベートな情報も数多く記録されています。カーナビを盗まれないように、防犯対策をしっかりと行いましょう。
※ 純正のカーナビとは、メーカーオプション・ディーラーオプションのカーナビをいいます。

カーナビを守るために

セキュリティ機能が搭載されたカーナビを選びましょう

最近販売されているカーナビには、はじめにパスワードを設定すれば、万一盗まれても使用できなくなるなど、セキュリティ機能を備えているものが数多くあります。プライベートな情報を守るためにも、セキュリティ機能が搭載されたカーナビを選びましょう。
そして、 必ずパスワードの入力設定を行いましょう。

カーナビには、「カーナビ盗難防止ネジ」を取り付けましょう

通常の工具では取外しが困難で、盗難防止に効果のある「カーナビ盗難防止ネジ」は、大阪府下のディーラーや自動車用品販売店で取付け可能です。
※ 一部取扱いのないディーラーもありますので、事前に確認をしてください。
※ 「カーナビ盗難防止ネジ」は、カーナビの盗難防止を100パーセント保証するものではありません。

万が一に備えて・・・

カーナビの製造番号等が記載された書類(保証書等)は自宅に保管してください。

万一、カーナビ盗難の被害にあった時には、届出時にカーナビの製造番号等が必要になります。
※ カーナビの製造番号などが記載された保証書等は車内に保管することなく、自宅で保管してください。