危険ドラッグとは

NO!「危険ドラッグ」
最近、店舗やインターネット上で、「合法ハーブ」等と称する商品が販売されており、こうした商品を使用した人が、意識障害、おう吐、痙攣、呼吸困難等を起こして、死亡したり、重体に陥る事件が多発しています。
これら商品は、覚醒剤、麻薬、大麻などの規制薬物と同等の作用を有する成分を含む商品があり、大変危険です。また、合法と称して販売する商品の中には違法な薬物が含まれていた例もありますので絶対に手を出してはいけません。

合法と称して販売していたものの麻薬や指定薬物等違法な薬物であった商品例
商品名:「Blue Majic」(液体)
麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的共同所持)で検挙されたもの
商品名:「DIAMOND Rush」(白色粉末)
薬事法違反(販売目的陳列)で検挙されたもの
商品名:「ANARCHY Spider」(植物片)
薬事法違反(販売目的陳列)で検挙されたもの

指定薬物の取締強化中
指定薬物は、「所持」、「使用」、「購入」、「譲受け」が禁止されています。違反した場合には罰則が科せられます。

大阪府警察本部