地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の推進

地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策の目的 

大阪府警察においては、平成28年1月から府民が著しく不安を感じる犯罪対策に重点をおいた「地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策」をオール大阪体制で推進しており、大阪重点犯罪(子どもや女性を狙った性犯罪、ひったくり・路上強盗、自動車関連犯罪)の認知件数が全国的に見ると依然として高水準で推移し、未だ府民の不安感が十分に払拭されたとは言い難いことから、対策を継続して推進する必要があります。
加えて、現在、府下における特殊詐欺の認知件数及び被害額が急増し、高齢者が被害の大半を占めている等、府民に大きな不安を与えている状況にあることから、新たに特殊詐欺を大阪重点犯罪に加えることとしました。
この大阪重点犯罪と各警察署の署情に応じて対策に取り組む署指定犯罪を併せて、検挙及び防犯の両面にわたる総合的な警察活動を戦略的に展開するとともに、自治体、事業者、地域住民等と連携・協働した取組により犯罪の起きにくい安全なまちづくりをより一層推進します。

​「振り込め詐欺に気をつけて!!」のページへはここちら