拳銃110番報奨制度

報奨金が支払われない場合

● 拳銃等が押収されない場合や、被疑者が検挙されない場合。
● 提供された情報を、既に警察が把握している場合。(事件の立証等の観点から必要と認められる場合は除きます。)
● 通報者が共犯者であったり、情報を得るために違法な行為があった場合や、その他報奨金を支払うことが不適当と認められた場合。
● 匿名を希望した通報者から、一定期間内に警察に連絡がない場合。