大阪府警察におけるサイバー犯罪対策

フィッシング110番について

フィッシングとは?

銀行やクレジットカード会社などの企業を装った電子メールやホームページを用いて個人の金融情報等を入力・送信させようとする手口です。

【入力・送信させようとする個人情報の例】

  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • 住所、氏名、電話番号
  • オークション、プロバイダ、電子メール等のID・パスワード

個人情報が漏れると、これを悪用して現金を引き出されたり、本人になりすまして不正な売買をされたりするなど、犯罪被害に遭うおそれがあります。
よって、個人情報やカードの情報を問い合わせる不審な電子メールやホームページには注意が必要です。

次のような場合は、「サイバー犯罪に関する情報提供・相談はこちらへ」に情報提供をお願いします。

【情報提供の例】

  • フィッシングをしている偽のホームページを見つけた!
    「ホームページのアドレスを教えてください。」
  • フィッシングと思われるメールが来た!
    「メールの題名、内容、リンク先等を教えてください。」
  • フィッシングの被害に遭ってしまった!
    「被害の状況について教えてください。なお、具体的な被害の相談については、最寄りの警察署にお問い合わせ下さい。」