掲示板やコミュニケーションアプリ上でのトラブル

掲示板やSNSサイトが荒らされている

事例

○ インターネット上にある掲示板サイトで掲示板荒らしを受けている。
○ 自身の使用しているブログ上のコメント欄を荒らされて困っている。
○ 多量の宣伝内容等を投稿されて困っている。

対応

1.証拠を保全する

まず、証拠保全のため、次の事項を保存の上、印刷してください。
・対象となる掲示板サイトの名前、URL
・掲示板荒らしとなる掲示板の書き込み内容
・当該掲示板の書き込みに関するログ
・いきさつや、対応等を明らかにできる記録

2.利用規約などを整備する

インターネット上の掲示板においては、特に制限を設けない限り、不特定多数の方が様々な考え方に基づいて書き込まれることは避けられません。
あなたが掲示板の管理者であれば、掲示板の管理規約等に反するような不要な書き込みは削除して下さい。
また、管理規約等を作成していないのであれば、掲示板の利用目的がわかるよう、管理規約等を作成してください。

3.技術的な対策を行う

掲示板に技術的な設定を行い、掲示板荒らしを防ぐよう対応してください。
具体的には、下記のような事項の設定を行います。
ア.ProxyサーバやTorサーバ等の匿名で使用できるサーバからの接続について拒否設定を行う
イ.海外からの接続ができないように設定する
(又は、特定のIPアドレスについて、接続制限を行う)
ウ.連続投稿が行えないように設定する
エ.登録されたユーザーのみが書き込みできるよう設定する
オ.投稿された掲示板の書き込みについて、IPアドレスを公開するように設定する
ご自身で掲示板の設定が行えない場合は、掲示板管理会社に対し、設定できるかどうかを確認し、設定できない場合は、他の掲示板管理会社に変更することを検討してください。

4.相手に警告を行う

当該書き込みに関する記録から、当該投稿者が使用しているプロバイダがわかるのであれば、「1 証拠を保全する」で説明している資料をプロバイダに示し、規約に則って、当該ユーザーとの契約の解除や当該ユーザーに対する警告等を要請してください。
また、当該プロバイダが対応を取らないのであれば、当該プロバイダからの接続について拒否設定を行うといった方法があります。

5.警察署に相談する

あなたが、掲示板を業務等に使用しており、業務妨害等何らかの犯罪被害にあっているとお考えならば、「1 証拠を保全する」で説明している資料を持参の上、平日(午前9時から午後5時45分)にあなたの住所地を管轄する警察署に事前に連絡の上相談に行かれてはいかがでしょうか。