掲示板やコミュニケーションアプリ上でのトラブル

メールで脅迫を受けている

事例

メールで脅迫を受けている

対応

1.証拠を保全する

まず、証拠保全のため、次の事項を保存の上、印刷してください。
・送られてきた脅迫メールの内容
・送られてきた脅迫メールのヘッダ情報
・いきさつや、対応等を明らかにできる記録
※注意※
送信元のメールアドレスは詐称することが可能であるため、送信元のメールアドレスを過信しないようにしてください。

2.相手に警告する

相手に警告したいと考えているのであれば、当該メールに関する記録から、メール送信者が使用しているプロバイダがわかる場合は、「1 証拠を保全する」で説明している資料をプロバイダに示し、規約に則って、当該ユーザーとの契約の解除や当該ユーザーに対する警告等を要請してください。

3.メールを受け取りたくない

あなたが、当該メールを受け取りたくないと考えているのであれば、
・迷惑メールを防ぐ専用のフィルタリングソフトを利用する
・プロバイダで提供しているフィルタリング機能を利用する
・メールソフトの受信拒否者の設定をする
といった対応をしてください。

4.夜中に携帯電話宛のメールが来て困っている

あなたが、深夜時間帯にメールが来て困っているのであれば、深夜時間帯は携帯電話の電源を切るといった対応をとり、非常時の連絡等があり、携帯電話の電源を切れない場合は
・深夜時間帯は携帯電話のメールの着信音を無音に設定する
・特定の非常連絡のメールのみ着信音を変更し、着信音が鳴るように設定する
といった対策をしてください。

5.警察署に相談する

あなたが、脅迫等何らかの犯罪被害にあっているとお考えならば、「1 証拠を保全する」で説明している資料を準備し、平日(午前9時から午後5時45分)にあなたの住所地を管轄する警察署に事前に連絡の上相談に行かれてはいかがでしょうか。また、あなたの身に直接危害が及ぶおそれがあり、緊急の場合は、すぐに110番通報してください。