児童ポルノの根絶に向けて

「児童ポルノ」とは

児童ポルノについては、「児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」(平成26年6月に法律名が改正されました)第2条第3項で次のとおり定義されています。

「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、以下のいずれかに掲げる児童(18歳に満たない者をいう。以下同じ。)の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
二 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているも  のでありかつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの(三は平成26年6月に改正され定義が明確化されました)