危険が潜んでいる「JKビジネス」

「あなたは悪くない!」(リーフレット)

児童買春、児童ポルノ、JKビジネス、リベンジポルノ、性的虐待
今のままで…いいの?本当に大丈夫?
あなたはこんな状態から抜け出したくない?
今の状態から抜け出すために、ぜひ相談を!

○こんな性被害に悩んでいませんが?
何気ない日常生活の中で、性被害の魔の手が近づいてきて…
1 自画撮り画像を送信してしまい…
女子中学生はSNSで知り合って仲良くなった人から顔写真を送るように頼まれ、自分で撮って送った。その後、要求はエスカレートし、裸の写真まで送らされてしまった。その写真がネット上で拡散されている。
一度流出した画像の削除はとても難しいです。まずは相談してください。
2 本当にモデル?
女子高校生は、モデルとしてスカウトされ、指定された日に撮影現場に行くと裸同然の写真を撮られた。こんなはずではなかったが、契約違反になると言われて断れなかった。
親の同意がない未成年者の契約は無効です。その場合、破棄できる可能性があります。
3 男子も被害に!
男子中学生は共通の趣味の大人と会い、趣味に関するレアなアイテムをくれると約束してくれたので、相手が望むままに男性器を触られたり性的な行為をされた。
性被害にあっているのは女子だけではありません。
4 JKビジネス
女子高校生は、バイト代がいいからという友人に誘われて、JKコミュでアルバイトを始めた。店長から、「客が望めば個室内で性的サービスをするように」と言われ、嫌だったが、客に体を触られることも我慢した。
自分が被害者と気が付いていない場合もあります。
5 家族からの性的被害
女子中学生は、小学生のころから父親に性的な行為を要求されていた。父親に逆らうと生活できなくなると思って誰にも相談できずにいた。
家族からの性的被害は相談しづらいかもしれません。でも、あなたは悪くありません。匿名で相談できる窓口もあります。

○支援内容 こんな「支援」であなたをサポートします。
A相談の受付
警察官や法律の専門家等による相談の受付、対処方法等に関するアドバイス
Bカウンセリングなど
警察の少年補導職員や児童相談所の児童心理司等の専門家によるカウンセリング、立ち直り支援のための各種活動への参加支援
C安全な居場所の確保
女性相談センターや児童相談所での一時保護
D医療機関の受診援助
病院を紹介したり、一緒に病院に付き添うなどの受診に関する援助
E画像等の削除 
削除依頼方法の助言等必要な支援(早く対処することで拡散を防ぐことができる場合があります)

○相談窓口 安心して相談できる窓口があります。まずは相談を。
各相談窓口は、それぞれの専門家があなたの話を聞いてくれて、適切なアドバイスをしてくれたり、対処方法を一緒に考えてくれたりします。あなたの未来を守るためにも、一人で悩まず相談してください。(匿名での相談が可能な窓口もあります)
1 警察(受けられる支援ABDE)
□最寄りの警察署 警察署に直接ご相談ください。
□警察相談電話 #9110
大阪府内からの電話は警察相談室06-6941-0030につながります。
※受付時間は、平日9時00分から17時45分(時間外は当直で対応)
□少年総合相談グリーンライン 06-6944-7867(なやむな)
※受付時間は、平日9時00分から17時45分
少年からの悩みや、家庭や学校、地域からの少年に関する諸問題について、電話相談を受けています。
□性犯罪被害相談電話 #8103(ハートさん)
大阪府内からの電話はウーマンライン06-6941-0110につながります。(女性警察官が対応します)
※受付時間は、平日9時00分から20時00分(時間外は留守番電話で対応)
□匿名通報ダイヤル 0120-924-839
(受託業者が被害内容を聞いて、警察に伝えてくれます)
※受付時間は、平日9時30分から18時15分
モバイルサイト http時//www.tokumei24.jp/
※24時間オンライン受付
2 大阪府女性相談センター(受けられる支援ABC)
06-6949-6022、06-6946-7890
※受付時間は、9時00分から20時00分(祝日、年末年始を除く)
3 児童相談所(受けられる支援ABC)
児童相談所全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」
(最寄りの児童相談所につながります)※受付時間は、24時間
大阪府内には大阪府子ども家庭センター(6ヵ所)、大阪市こども相談センター(2ヵ所)、堺市子ども相談所があります。
4 日本司法支援センター(法テラス)(受けられる支援A)
0570-079-714(なくことないよ)
IP電話からは 03-6745-5601
※受付時間は、平日9時00分から21時00分、土曜日9時00分から17時00分
5 法務局(受けられる支援AE)
子どもの人権110番(最寄りの法務局・地方法務局につながります)
0120-007-110
IP電話からは 06-6942-1183(大阪法務局につながります)
※受付時間は、平日8時30分から17時15分
6 違法・有害情報相談センター(総務省支援事業)(受けられる支援E)
http時//www.ihaho.jp 
ホームページ上で利用登録を行い、その後に相談フォームから相談ができます。
※24時間オンライン受付

その他 
ドーンセンター 06-6937-7800
※受付時間…火曜日から金曜日17時00分から21時00分 土曜日・日曜日10時00分から16時00分(祝日(土曜日・日曜日を除く)・年末年始を除く)

NPO法人や民間団体の相談窓口もあります
・チャイルドライン 18歳以下の青少年対象の相談窓口
0120-99-7777 受付時間は、月曜日から土曜日16時00分から21時00分
・ライトハウス 
0120-879-871通話代無料/匿名化
受付時間は、平日10時00分から19時00分
LINEによる相談 LINEのIDは、LH214
メールによる相談 メールアドレスは、soudan@lhj.jp
・サチッコ(SAP子どもサポートセンター) 19歳までの子どもを性暴力から守る相談電話
06-6632-0699 受付時間は、水曜日から日曜日14時00分から20時00分

このほかにも多くの民間支援団体が被害者に寄り添った活動を行っているほか、大阪府内には相談、医療受診、カウンセリング等必要な支援を一ヵ所で行う病院拠点型の「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」があります。
〈病院拠点型〉性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター
性暴力救援センター・大阪SACHICO ホットライン072-330-0799受付時間は、24時間365日

保護者の方へ 家庭のルール
家庭内での早期発見・早期対処が子供の未来を救います!
性被害等から子供を守るために、日頃から家庭内でコミュニケーションをとり、性被害の危険性を教えること、子供の異変やSOSにいち早く気が付くことが大切です。異変を感じたら、保護者の方もご相談ください。

以下の点をお子さんと一緒にチェックしてみましょう
スマートフォンに関する注意点
□フィルタリングを設定し、家庭のルールを作っているか。
□接続するサイトやダウンロードするアプリは保護者で確認しているか。
□個人を特定される情報を書き込んでいないか。
□知らない人とSNSやメールのやり取りをしていないか。
□どんな理由でも裸や下着姿の写真は撮らない、撮らせないよう指導しているか。
生活一般に関する注意点
□持っているはずのない大金や高価な物を持っていないか。
□アルバイト先、アルバイト内容を実際に確認しているか。
□契約書へサインを求められても、保護者に相談するまではサインしないように伝えているか。
□理由は不明で、生活のリズムが急に不規則になっていないか。
□家出や夜間外出の兆候はないか。
□子供にとって家庭が安心して生活できる居場所になっているか。
□困ったことがあれば、必ず保護者に相談するようにしているか。

あなたへのメッセージ
このリーフレットは、性被害にあって一人で悩んでいる子供に対し、警察をはじめ様々な機関等で受けることができる支援の内容や、相談できる窓口を知ってもらいたいという願いから作成したものです。あなたは一人ではありません。まずはあなたの話を聞かせてください。何ができるか一緒に考えましょう。

一般社団法人大阪少年補導協会
大阪青少年環境問題協議会
大阪府警察