インターネット上の有害情報から子どもを守るために

青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備に関する法律

○インターネット上には有害情報が多く流通し、売春、犯罪の被害、いじめ等の様々な問題が生じていることに留意しなければなりません。
○教育方針や子どもの発達段階に応じて、インターネットの利用状況を把握するとともに、フィルタリングの利用、その他の方法によりインターネットの利用、その他の方法によりインターネットの利用を適切に管理しなければなりません。
○青少年のインターネットを適切に活用する能力の習得促進に努めなければなりません。
○児童が使用する携帯電話を購入する際、その旨を携帯電話事業者に申し出なければなりません。