インターネット上の有害情報から子どもを守るために

大阪府青少年健全育成条例

○平成23年に大阪府青少年健全育成条例が改正され、青少年が使用する携帯電話について、フィルタリングサービスの手続きが厳格化されました。
○保護者は、青少年に携帯電話を利用させる際には携帯電話事業者から
・携帯電話インターネット上の有害情報
・フィルタリングサービスの具体的な意義・内容
・フィルタリングサービスを利用しない場合の危険性
についての説明を聞かなければなりません。
○保護者は、説明を聞いたうえで、解除の申し出をする際は解除理由を記載し、署名した書面を事業者に提出しなければなりません。