高齢者を狙う悪質リフォーム業者にご注意

悪質商法の手口

・懇切丁寧に、高齢者のよき話し相手になってくれます。
・家族や知人に相談する時間的な余裕を与えず契約を急がせます。
・契約を拒むと、泣き落としや威圧的な態度で契約を迫ります。
・契約後は、工事の開始を急がせます。
・一度契約すると、同一業者や他社が次から次へと契約を迫ります。
・代金の支払いを受けるため自動車で銀行まで案内し、預金の引出しを手伝います。また、現金の支払いが受けられない場合には、クレジット契約を迫ります。