性犯罪等発生情報

5月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

種別  発生数 内16歳未満の子どもに対する被害
強制わいせつ  85(33) 23( 7)
痴漢  153(91) 20(11)
下半身露出 123(46) 36(13)
声かけ  99(38) 82(29)
不審者情報  54(15) 35( 7)

(備考)
・ 「声かけ」とは、女性や子どもが、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・ 「不審者情報」とは、女性や子どもが、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・ 表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。(暫定値)
・ かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

発生傾向

  • 無施錠のベランダから侵入し、就寝中の被害者の体を触る強制わいせつ事件や、わいせつな行為をしようと無施錠の玄関から侵入した事件が発生しています。
  • 友人と公園で遊んでいる男子児童に声をかけて呼び出し、体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
  • 落とし物を一緒に探してほしいと女子生徒に声をかけて近づき、体を触る強制わいせつ事件が発生しています。

防犯アドバイス

  • オートロック式や高層階のマンションでも、犯人は様々な手段を使って侵入してきます。玄関ドアの鍵は家に入ったらすぐに閉めましょう。また、ベランダのガラス戸や窓も寝る時には確実に戸締まりをしましょう。
  • 子どもの興味を引くようなことを言って声をかけ、連れ出そうとする事案が発生しています。保護者のみなさんは、子どもさんに、知らない人には絶対について行かないよう指導してあげてください。
  • 人の親切心を利用して被害者に近づき、わいせつな行為をする事件が発生しています。知らない人に声をかけられた時は、距離をあけて対応するようにしましょう。
  • 防犯ブザーを鳴らして犯人を撃退した事例もあります。夜間、人通りの少ない道等を通る時は、ブザーを手に持つなど、すぐに使えるようにしておきましょう。