性犯罪等発生情報

1月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

種別  発生数 内16歳未満の子どもに対する被害
強制わいせつ 41(18) 11( 4)
痴漢 62(45) 10( 7)
下半身露出 61(23) 20( 6)
声かけ 45(13) 35( 9)
不審者情報 42( 8) 24( 5)

(備考)
・ 「声かけ」とは、子どもや女性が、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・ 「不審者情報」とは、子どもや女性が、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・ 表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。(暫定値)
・ かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

発生傾向

  • 早朝にジョギングをしている女性や道路を歩いている女性を後方から抱きつき体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
  • 夕方、家族のいる家に戻った際に玄関ドアの鍵を掛けずに中へ入り、その後、しばらくして男が玄関から入ってきて、女性の体を触る強制わいせつ事件が発生しています。また、鍵が掛かっていない玄関から家の中に入り、就寝中の女性の体を触る強制わいせつ事件も発生しています。
  • 自転車や単車に乗って、後方からの追い抜き際や、前方からのすれ違い際に女性の体を触る痴漢事件が発生しています。

防犯アドバイス

  • 先月に引き続き、早朝に痴漢等の被害が発生しています。朝早く、人通りのない道を通る時は、夜間と同様不審者がいないか十分注意をしてください。また、いざと言うときに防犯ブザーは効果的ですので、すぐに使えるように持って歩きましょう。
  • 防犯ブザーは、いざというときに使えるように、鞄の持ち手につけたり、手に持つなどし、電池が切れてないか時々点検等もしておきましょう。
  • 玄関ドアは、家にいるときでも鍵をかけておきましょう。また、寝る前には、玄関やベランダ等の鍵鍵が掛かっているか確認しましょう。