性犯罪等発生情報

12月中の大阪府内の性犯罪等発生情報

種別  発生数 内16歳未満の子どもに対する被害
強制わいせつ 51(21) 12( 3)
痴漢 61(41)  6( 4)
下半身露出 41(11) 13( 4)
声かけ 37(10) 32(10)
不審者情報 32(10) 24( 5)

(備考)
・ 「声かけ」とは、子どもや女性が、わいせつな言葉や事実に反する言葉等をかけられて不安に感じ、通報があったものです。
・ 「不審者情報」とは、子どもや女性が、つきまとい、手招き等をされて不安に感じ、通報があったものです。
・ 表の数字は、警察に通報があった数を集計したものです。(暫定値)
・ かっこ内の数字は大阪市内の発生件数です。

発生傾向

  • 早朝に、駅に向かって歩いていた女性に後方から抱きついて体を触る強制わいせつ事件が発生しています。
  • スマートフォンを操作中や、音楽プレーヤーを聞きながら歩いている女性の後方から抱きつき、体を触る強制わいせつ事件が多く発生しています。
  • 女子中学生に対して「駅まで乗せて行ってあげる」とか「道に迷った。駅までの道を車の横に乗って教えて」と車に乗せようとする等、誘拐等の事案につながりかねない声かけ事案が発生しています。

防犯アドバイス

  • 冬の季節は、朝明るくなる時間が遅くなっています。朝早く、人通りのない道等を通る時は、夜間と同様不審者がいないか十分注意をしてください。
  • 携帯電話を使いながらや音楽プレーヤーを聞きながら歩くと、後ろから近づく不審者に気づきにくくなるだけでなく、交通事故に遭う危険性もあるので、やめましょう。
  • 見知らぬ人に車の中から声をかけられた時は、相手との距離をとって対応してください。道を尋ねるふりをする等相手の親切な心を利用して犯行に及ぶ場合もありますので、車に乗るように頼まれても車内の中に入らないようにしましょう。
  • 犯人は叫けばれて逃走するケースが多いので、いざというときは大声を出したり、防犯ブザーを活用しましょう。また、人通りのない道などで、危険を感じる場合は、すぐに使えるよう手に持って歩きましょう。