「泣き声通報」について

児童の安全確保、早期保護に向けて、平成28年中、府民の皆様等から、乳幼児の泣き声や虐待が疑われる保護者等の執拗な叱責の声に関する警察への通報を受け、259件の児童虐待(虐待のおそれを含みます。)を認知し、児童相談所に通告等しました。
これらの通報を受けた府警としましては、児童相談所等と連携の上、必要な調査に当たっていますが、当該児童の早期発見のため、通報に際して知り得た次の事項について、分かる範囲で伝えていただきますようお願いします。

○ 泣き声等の聞こえる方角(住所地が特定できる場合は住所地やマンション名)
○ 聞こえた時間
○ 児童の年齢層(乳児、小学生程度等)、男女別
○ 声の具体的な内容(「ママ(パパ)やめて」等)
○ その他児童の所在を確認するための情報(断片的情報でも構いません。)

児童虐待に関すイラスト