リベンジポルノの被害に遭わないために

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律が平成26年11月27日に施行されました

この法律は

いわゆる「リベンジポルノ画像」などをインターネット等で公表することが、社会問題となったことで、そうした被害を防ぐためにできたものです。​

罰則(平成26年12月17日から施行)

公表罪

撮影対象者が特定される方法で、私事性的画像記録等を不特定もしくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者​

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

公表目的提供罪

上記の行為をさせる目的で、私事性的画像記録等を提供した者​

1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

※ 第三者に見せることを承諾していない性的な画像を私事性的画像と言います。​

こんなときはどうしたらいいの

被害者の質問

 交際していた当時の性的な画像をインターネット掲示板に投稿された!画像を削除してほしい!どうすればいいの?​

警察官のアドバイス

公表された状況を印字するなどした後、掲示板の管理者に画像を削除するように要請してください。

  • まず、証拠保全のために画像が投稿されているサイトのURLや画像の状況等を印刷してください。
  • 掲示板等をよく確認して、違反情報の通報フォームやメールアドレス等、掲示板管理者に対する連絡先を探します。
  • 判明した連絡先に
  • 1.画像の情報(URLなど)
  • 2.名誉又は私生活の平穏が侵害されたこと
  • 3.侵害されたとする理由
  • 4.画像が私事性的画像であること
  • 5.掲示板管理者からの連絡を受ける連絡先など
  • と共に、画像を削除(送信防止措置)してほしい旨を伝えます。
  • 掲示板管理者等は、削除依頼を受けたら、プロバイダ責任制限法に基づき、削除するかどうかを検討します。

※ ただし、削除を強制するものではなく、必ず削除してもらえるとは限りません。​
※ 送信防止措置とは、画像を画面上に表示させないようにすることです。
※ 「どうしても削除方法がわからない」、脅迫やストーカー等、警察の捜査を希望される場合は、画像の状況、URL等を印字して、居住地を管轄する警察署に事前に連絡の上、相談してください。

こうすれば安全安心

インターネット等に画像が流出すると、ネット上から完全に削除するのはほぼ不可能です。
親しい間柄でも裸などの写真は絶対に 「撮らせない」「自画撮り画像を送らない」 ようにしましょう!!​

広報用チラシ