乱用の危険性

覚醒剤や麻薬等の薬物は、一度でも使用すると元に戻らなくなります。

薬物の効果が切れるとまた薬物が欲しくなって自分の意志がきかなくなります。さらに薬物への要求は激しくなり、強迫的な使用へとつながって行きます。
薬物によってはさらに身体への依存が悪影響を及ぼした結果、深みにはまり、自分の意志では薬物使用のコントロールがきかなくなった状態を薬物依存症といいます。
特に、覚せい剤は、中枢神経系に作用し、乱用したときの快感を得るため、又は乱用をやめたことによる苦痛から逃れるため、薬物を強く求めるようになる「依存症」が強く形成され、繰り返し使用しているうちに同じ量では効かなくなる「耐性」が生じます。
「疲れが取れる」「元気が出る」「ダイエットにいい」「たった一度なら大丈夫」「いつでもやめられる」と言った好奇心や遊びのつもりであっても、薬物の依存症と耐性によって乱用する量や回数がどんどん増えていくというアリ地獄に陥り、自分の意志でやめることができなくなります。

乱用の危険性