先輩からのメッセージ(技術職)

一般職員採用に関するお問い合わせは
大阪府警察本部警務課人事第八係まで
06-6943-1234 内線26221
午前9時から午後5時45分
(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く。)

先輩からのメッセージ(ヘリコプター整備士)

先輩からのメッセージ

採用年度:平成24年度
所属:航空隊
職名:係員
経歴:入庁から現在まで航空隊で勤務

ヘリコプターの主治医。万全な機体とともに空から大阪の安全を守ります。

警察のヘリコプターは、パトロール活動、交通情報収集、捜索救難活動など様々な用務を行っています。その中で私たち整備士の仕事は、日々行う飛行前・飛行後点検や、定時点検整備、時間管理部品などの整備スケジュール管理を行い、常にヘリコプターを安全に飛ばせる状態に維持管理することです。
また、整備士は裏方だけの仕事と思われがちですが、機体に搭乗し、パトロール活動ではヘリTVの操作、捜索救難活動では救助用ウインチの操作なども行っています。

日々努力、責任を持って確実な仕事を。

ヘリコプターの整備は強い責任感と根気がいる仕事です。実作業は、数多くの部品を取り外し一つ一つ分解・点検調整し、再度取り付けることの繰り返しです。その作業の中で、部品の不具合を見つけられなかったり作業ミスがあったりすると、重大な事故につながります。整備士に大切なのは、どんな作業も確実にこなす緻密さと、不具合を見つけ出す洞察力、そして機体構造を部品一点一点にいたるまで熟知し把握することだと思います。まだまだ経験も浅く未熟な私ですが、日々周りの上司先輩方の技術・知識を吸収し、また私自身努力を重ね、ヘリコプターの安全運航に携わっていきたいと思います。

今後の目標・抱負

大阪府警察には、6機の小型・中型ヘリコプターがあり、製造国もアメリカ、カナダ、イタリア、ドイツと様々です。現在私の保有している資格では小型機しか整備する事ができません。ですので、中型機の整備をするための一等航空整備士資格取得を目指しています。また、中型機以上の機体になると機種毎に国家試験を受ける必要があります。いつかは6機すべての整備ができるようになり、ヘリコプター整備士の立場から「安全なまち大阪」の実現に携わりたいと思います。

府警職員を目指す方々へ

大阪の犯罪件数は、まだまだ多い状態です。また、近年発生した大規模災害での防災意識の高まりなどから、私たち航空隊への期待度、重要度も年々高まってきていると思います。私たちの仕事には、府民のみなさんの安全がかかっています。責任重大で厳しいことも多いですが、すべては府民のため、ヘリコプターの主治医としてやりがいを感じてもらえたらと思います。