あなたの語学力を活かすために

大阪府警察では、語学のできる方の採用にも力を入れています。
関西国際空港がある大阪では訪日旅行者も多く、語学が必要な現場は多々あります。
語学力のあるみなさんの受験をお待ちしています!

受験方法

各種検定等、一定レベルの資格のある方は「自己推薦方式」での受験をお勧めします。

よくあるご質問

Q. 語学力を活かして自己推薦方式での受験を考えていますが、どのくらいの語学力が必要ですか。

A.  例えば、英語の場合は、TOEICで、おおむね650点以上で、会話力のある方などを想定しています。

Q. TOEIC等の資格がなければ、自己推薦方式での受験はできませんか。

A. TOEIC等の資格がなくても自己推薦方式での受験は可能です。過去には、海外留学により語学力を身につけ、自己推薦方式で合格した人もいます。こうした場合は、申込時に海外留学の経験等を証明できる資料を提出してください。

Q. 大阪府警には語学力を活かせる仕事はありますか?

A. 旅行で来日された外国人の方への道案内や相談、被害届の受理の他、外国人による犯罪が発生した場合や日本人が外国で犯罪被害にあった場合の捜査等、語学が必要な業務が多数あります。
また、現在、大阪府警察を含む全国警察から、約150人の警察官が外務省に出向し、世界各国の日本大使館や総領事館で勤務しています。

Q. 法律用語など、専門的な語学の勉強をしていません。

A. ​交番などでの道案内や落とし物などの問合せ、一般的な相談に対応できる程度の語学力を想定しており、捜査手続きなどの特別な知識、語学力は受験段階では必要ありません。
大阪府警察は語学研修も充実していますので、努力次第で、語学力のレベルアップも可能です。