採用制度

募集概要

目次

採用予定人員

第1回選考
男性:約410人・女性:約80人(自己推薦方式の採用予定人員:約50人を含む。)
第2回選考
男性:約270人・女性:約60人(自己推薦方式の採用予定人員:約30人を含む。)
第3回選考(自己推薦方式のみ)
男性・女性:約40人

職務内容

個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序を維持する職務に従事します。

受験資格

選考区分及び年齢

選考区分 年齢
A 次のア、イのいずれかに該当する人
ア 学校教育法に定める大学(短期大学を除く。)を卒業した人又は平成30年3月31日までに卒業見込みの人
イ アと同等の資格があると認める人
昭和59年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた人
B A区分以外の人
ただし、第1回選考は、平成30年3月に学校教育法に定める高等学校を卒業見込みの人を除きます。

注1:A区分に該当する人は、B区分で受験することはできません。
注2:A区分のイ、「アと同等の資格があると認める人」とは、
ア 防衛大学校、防衛医科大学校、独立行政法人水産大学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校の長期課程、海上保安大学校、国立看護大学校を卒業した人
イ 外国における大学等を卒業した人で、学校教育における16年以上の課程を修了した人
ウ 独立行政法人大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された人
エ 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した人
オ 上記アからエにおいて平成30年3月31日までに卒業若しくは修了する見込み又は授与される見込みの人
※採用選考区分等についてご不明な点があれば、大阪府警察官採用センターあてにお問合せください。

欠格事項

次のいずれかに該当する人は、受験できません。
 ・日本国籍を有しない人
 ・成年被後見人、被保佐人(民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第3項の規定により従前の例によることとされる準禁治産者を含みます。)
 ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
 ・大阪府において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
 ・日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人